« 木曽福島へ そのⅠ | トップページ | ここで寝るのにゃん »

2008年7月27日 (日)

木曽福島へ そのⅡ 

** てくてく 江戸小路エリアを散策 **

 *なまこ壁の土蔵のある寺町前小路

 *ビストロ松島亭

 *千本格子のある家並み

 *馬宿の小路

1 2

4 3

              

              

           

             

             

             

              

             

なんとなくうろうろ歩いていたのに、ちゃんと馬宿の小路→西の小路→巾の小路と歩いて、ビストロ松島亭のある通りに出ましたwobbly 

行人橋の所で一眼レフを構えてる人がいたので、シャッターポイントか…と行ってみる(誰かが撮ってると直ぐまねっこしたくなる私です coldsweats01 )…???下の木曽川で釣りしてる人を撮ってたのかな???…って、後で地図見なおして、おぉー違う!崖家造り(崖地を利用した3~4階建ての家)を撮っていたんだ!きっと・・・

そして、今、思い出した!冷凍庫にぷーさんが先日、朴葉巻といっしょにシャーベットにするといいと買ってきた甘酒があった事を…この甘酒、この崖家造りの商店で買って来たんだった(その時は見もせずに直ぐ冷凍庫に入れてしまった私でしたsweat01)…ってことは…ぷーさん、この前すでに木曽福島に来てたんじゃん think でも、遊子さんも江戸小路エリアも知らなかったものね…

*訂正します…甘酒は、行人橋の手前でなく、渡った《小池糀店》というお店でした。うろ覚えというか、いい加減に聞いてたというか…はははcoldsweats01

Photo                     

                       

                        

Photo_2                              

『御菓子司 田ぐち』さんを見て(もちろん買って coldsweats01 )てくてく 『森の遊子』さんへ戻りました。

こうやってのんびりてくてく散策するのは、楽しいですnote

最近、妙にこういう○○宿を散策したくなるのです。結構行ってない所が、沢山あるんです。

          Cat019_2         

   木曽町日義の国道19号線沿いに、ぷーさんの知人のお店があるというので寄ってみました。

                                           

Photo_3 Photo_4

洋服から小物、靴などを扱うお店ですが、なんといってもここの80歳を超えられた、このおばあちゃんが凄いのです。

この「木曽のねずこ下駄」の鼻緒をつける仕事をしています。

 ☆  木曽路を歩く

  ☆  かみむら

|

« 木曽福島へ そのⅠ | トップページ | ここで寝るのにゃん »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

わぁ、楽しそうな木曽路旅でしたね!
子供のころ、ナゴヤにすんでいたのでよく避暑をかねていった記憶がありますが、自分の記憶と違う風景ばかりで、久しぶりに行ってみたいなー!
↓歌舞伎のお練りっちゅー行事があるんですかー。こういうときはさすがにみなさんすっぴんなんですね。(^^)
歌舞伎は一度だけ歌舞伎座の二階席でみて、花道がぜんぜん見えなかった思い出しかないので、1階席でみるのが夢ですが、お高いんですよね・・・。

投稿: にゃんさく | 2008年7月27日 (日) 16時02分

素敵な町並み・・・!
こういうノスタルジックな感じって大好きです!
暑い夏なのに、写真を見ていると涼しく感じるのが
不思議ですね~♪
とても楽しまれたみたいで羨ましいです。(^^)

投稿: まさにゃん | 2008年7月27日 (日) 23時23分

☆にゃんさくさんへ

こんにちは
木曽の方には失礼なんですが、木曽って凄い山の中という感じだったので、余り行った事が無かったんですねsweat01
権兵衛トンネルが開通して、ここ何年かのうちに、だいぶ変わったのではないかな?

歌舞伎のお練りって、歌舞伎姿で出てくるのかな…と、思っていたので、あらっ!でしたcoldsweats01
そうそう、もう高いし、とれないだろうし…で、チケットも買いませんでした。
友達が観に行ったのですが、結構、通路を通ったらしいです。
スタッフブログによると、千穐楽は勘三郎丈は2階まで駆け上がってくれたらしいです。
そんな事を聞くと、観に行きたかった…と思ってしまいます。

投稿: c*m | 2008年7月28日 (月) 17時43分

☆まさにゃんさんへ

こんにちは
なまこ壁の土蔵の町並みって、実はこっちにもあるんですcoldsweats01
でも場所が変わるとまた雰囲気が違うし、知らない町を歩くって、それだけでワクワクしますheart04
気温もほんの少し低いので、それだけでも涼しい気がします。
木曽路に入って「おっ!空気が変わった!」って…confident
我が家は行動が遅いので、昼過ぎの出!でしたが、楽しみましたhappy01

投稿: c*m | 2008年7月28日 (月) 17時55分

私も 今度行ってみよう~~
あずさの回数券を買おうかな・・と本気で思っている私です(笑)
馬の行灯の所が馬宿かな・・おもしろいですね

甘酒のシャーベット わぁ~ 美味しそう
食べたことがないので やってみます
特別な さらさらした甘酒なのですか

投稿: wind | 2008年7月28日 (月) 19時10分

☆windさんへ

こんばんは
道、適当に歩いていて、ふと馬の行灯が目に入ったのでカシャッcamera
帰って来てからMAPと照らし合わせたら、ちゃんと載ってたのです。あらっhappy01

甘酒は、《小池糀店》のアルコールが含まれていない原液の物を、そのまま凍らせました。
見ないで袋のまま即、冷凍庫へ入れてしまったので、サラサラしていたのか不明ですcoldsweats01
甘酒って飲むものと思ってたので、シャーベットとは意外でした。

投稿: c*m | 2008年7月29日 (火) 21時09分

なまこの壁や千本格子がオシャレで、素敵な町並みですね。
散策して歩くのって楽しそう~heart04
甘酒のシャーベット!?これも初めて聞きました。
美味しそうだな~noteすぐ反応しちゃいます。smile

投稿: しろぱん | 2008年7月29日 (火) 22時14分

木曽ってこんな所なんですね~~~。
なんか町並みが実家の萩に似てるようです。
白壁があって、ギャラリーなんかも城下町の景観を損なわないように昔の面影を残しつつ・・・って感じですよね~。
私は木曽って言ったら「御嶽山」というのしか頭に浮かばないバカ野郎ですんません!

80歳の名物おばあちゃんかな?
いい顔していらっしゃいますね~~~。

↓、猫の置物、可愛いな~。
最近猫の小物が目について可愛いのがあると(正確に言えば猫が書いてある)「買いたい~~~」衝動に駆られる単純な私でございます。

投稿: ポムモモ太郎 | 2008年7月30日 (水) 22時52分

☆しろぱんさんへ

こんばんは
お洒落なカフェとか雑貨屋とか、都会風の街並みも好きですが、こういう和の街並みも和みます。
歩くにはちょうど良い広さ(?笑)だし…
和カフェもあったみたいで、今度行ったら寄ってみよう…

甘酒のシャーベット、2倍の濃さなので、結構濃厚でした…
実は、これに限らす、シャーベットって上顎がキンキンに痺れてしまうので、ちょっと苦手なのです。
という事で、私としては、薄めて冷たいまま飲んだ方が好みだったかも…でしたcoldsweats01

投稿: c*m | 2008年7月31日 (木) 00時12分

☆ポムモモ太郎さんへ

こんばんは
ご実家は萩なんですか!!
良い所ですよね。
若かりし頃、秋吉台に行ってしまい、萩・津和野まで行かれなかったのが残念でしたsweat01
いつか、行ってみたいなぁ~

いえ!木曽=御嶽山と浮かぶなんて凄いですよ!
御嶽山て猫の修業先の一つだと言われてるとか…猫雑誌に載っていてへーっ!と思いました。

同じです!猫物には即、反応しちゃいますcoldsweats01
最近じゃ描という字が猫という字に見えたり、うさぎ模様がネコ模様に見えたり…危ない症状が現れておりますhappy02
買うのにすごく悩むんですが、ネコ柄でもついていようものなら迷わず買ってしまう…って事も…

このおばあちゃん、初めてお会いしたのですが、なかなか可愛い方でした。

投稿: c*m | 2008年7月31日 (木) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木曽福島へ そのⅠ | トップページ | ここで寝るのにゃん »